architecture

New York Still Changing 8: Riverside Drive

fs_project-010

"Built in 1901, the Riverside Drive Viaduct, wich extends from 125th to 135th streets, was an early attempt to relieve traffic congestion. Abbott photographed a stretch of the viaduct near a massive gas tank at 131st Street, which was torn down in 1961 for Manhattanville Houses, a public housing project. The viaduct was rebuilt, after decades of neglect, in 1987."

*[from "New York Changing", Levere. Douglas. Princeton Architectural Press, 2005]

West 125th Street and Twelfth Avenue

Top: my photo, 2009
Middle: 1937 by Abbott
Bottom: 2002 by Levere

『マンハッタンのリバーサイドドライブは1901年に125番通りと135番通りを結び渋滞を避ける為に建設された高架。アボットの写真では131番通りにあった巨大なガスタンクが背景にあるが、これは1961年に取り壊され、マンハッタンビル(村)公共住宅に変わった。数十年におよびメンテをしていなかったが1987年に大規模な修繕が行われる』

"New York Changing", プリンストン建築出版より

ウエスト125番通りと12番街の交差点

上:2009年に撮影した自分の写真
中:1937年にアボットが撮影
下:2002年にレベーリが撮影


nychanging-18

nychanging-19

New York Still Changing 7: SoHo

fs_project-016

"The 1895 Italianate skyscraper on Broadway and the warehouses on Broome Street lie within SoHo's cast-iron landmark district and remain architecturally unchanged. The wholesalers of Abbott's era, however, have been replaced by fashionable retailers and residents."

[from "New York Changing", Levere. Douglas. Princeton Architectural Press, 2005]

No significant change between 1998 and 2009 except retailers became even more fashionable and residencies became too expensive.

Broadway near Broome Street

Above: my photo in 2009
Middle: 1935 by Abbott
Bottom: 1998 by Levere

『ソーホーのブロードウェイとブルーム通りにある1895年のイタリア風高層建築と倉庫群はその昔ながらの面影を残している。しかしアボットが撮影した当時倉庫だった建物はおしゃれなお店と住宅に変貌している』

"New York Changing", プリンストン建築出版より

1998年と2009年でも、あまり変化が無いがお店や住宅はさらにおしゃれに、さらに高級に。

ブロードウェイとブルーム通り

上:2009年の自分の写真
中:1935年のアボットの写真
下:1998年のレビーレの写真


nychanging-11

nychanging-12

New York Still Changing 6: 103 Bowery

fs_project-018

"In the 1930s, the Bowery was a well-established refuge for the homeless, lined with flophouses offering rooms at thirty cents a night. The Boston Hotel, with its first floor occupied by the Blossom Restaurant, was such an establishment."

[from "New York Changing", Levere. Douglas. Princeton Architectural Press, 2005]

103 Bowery Street in Chinatown

Top: "Western medicine" pharmacy in 2009, my photo.
Middle: Blossom Restaurant in 1935 by Abbott.
Bottom: "Everyware Co., Inc." by Levere.

『1930年頃はボウエイ通り近辺はホームレスでいっぱいだった。その通りには一泊30円の安宿が並び、ボストンホテルもその一つ、その1階にはブロッサムレストランが店を構えていた』

"New York Changing", プリンストン建築出版より

マンハッタン、中華街の103ボウエイ通り

上:2009年に自分が撮影、中華街にある『西洋医学』の薬局
中:1935年にアボットが撮影、ブロッサム(花が咲く)レストラン
下:レビーレの写真、『エブリウェアー』コンビニ


nychanging-7


nychanging-8

New York Still Changing 5: Cinema

fs01-assignment-28

The above photo is a scene at 100 3rd Avenue between 11th and 12th streets in the year 2009. It is now a Loews Cinema. Below is the same location, when it was the Lyric Theater in 1936 photographed by Abbott. The last photo is the CVC Cinemas in 2001, which featured gay adult films.

上は11番通りと12番通りの間、3番街の風景。2009年はLoews系列の映画館。下は同じ場所をアボットが1936年に撮影、リリック劇場。そして最後の写真は2001年にCVC映画館としてポルノ映画を上映していた当時の写真

nychanging-9

nychanging-10

New York Still Changing 4: Henry Street

fs_project-007

Henry Street near China Town.

Above is my photo in 2009 without the Twin Tower.
Below is by Levere in 1998 with the Twin Tower in its background.
The last photo is by Abbott in 1935 without the Twin Tower.

マンハッタンの中華街、ヘンリー通り
上は2009年に自分が撮影した写真で世界貿易センタービルが無い
下は1998年にレビーレが撮影、貿易センタービルが背景に写っている
そして最後の写真はアボットが1935年に撮した物で当然貿易センタービルはない


nychanging-23

nychanging-22

New York Still Changing 3: Woolworth Building

fs_project-008

New York Still Changing: #3

変わり続けるニューヨーク、その3

With this limited angle and view, there are no visible changes in Woolworth Building on 233 Broadway.
Above is my photo from 2009. Below is by Abbott in 1937, then the last photo by Levere in 2002. All three photos look the same despite 70 years.

この角度からだけ見ると全く変わっていない233ブロードウエィにあるウールウォースビル。
2009年に自分が撮った上の写真と下の1938年にアボットが撮った写真、また2002年にレビレが撮った物。3枚の写真は70年を経ても全て同じ。


nychanging-3

nychanging-4

New York Still Changing 2: Union Sq

fs_project-005

New York Still Changing, #2

変わり続けるニューヨーク、その2

Happy New Years!
明けましておめでとうございます

Union Square has kept most of its architectural appearance in past 70 years.

above is my picture taken 2009.
below is by Abbott in 1938.

14番通りと5番街の近くのユニオンスクエアーはこの70年、あまり建築的風景が変わっていない
上は2009年に自分が撮影
下はアボットが1938年に撮影


nychanging-13

And one more photo by Levere in 1999 taken on the same stop.
また最後の写真は1999年にレビレが同じ場所で撮影

nychanging-14

New York Still Changing 1: Custom House

fs_project-006
above: Custom House at State Street, 2009 by Senju. Museum of Indian Culture under repair
上:マンハッタンの税務署、今はアメリカインディアン博物館として改装中、09年に自分で撮影

New York Still Changing

This is my long term project at Parsons School of Photography, in honor of Berenice Abbott and Douglas Levere. Revisiting sites in New York City where Abbott captured changing architecture of 1930s', then Levere recaptured the exact scene in 1990s. Some scenes have changed and some remain unchanged despite 80 years of time.

変わり続けるニューヨーク

パーソンズ大学のプロジェクトとして、1930年代のアメリカ女性写真家バーネス アボットと90年代のダグラス レビアの業績を尊敬したシリーズ。アボットは大恐慌直後のごみごみしたマンハッタンの街並みがどんどんと高層建築に変わっていく姿、またそれ以前の姿を写真にとどめた。60年後レビア同じ場所で同じカメラで同じ風景を写真に。そこには色々と変わり行く街、時を経て変わらない街が描かれていた

今回のプロジェクトは、その彼女、彼らの後を追い、同じ場所で同じ方向で撮影。残念ながら彼らが使っていた大判カメラと異なり、自分の写真は35ミリにて


nychanging-2
above: 1936 Custom House Statues and New York Produce Exchange by Abbott
1936年の税務署、アボットの撮影

nychanging-1
above: 1997 MTA Headquaters by Levere
1997年には同じ建物が地下鉄運営局に

Thank you for visiting my web and blog.
Wishing your Happy New Year.

Kaz Senju

今年一年、このホームページ、ブログをごらんいただき、ありがとうございました。
良いお年を!

千住和宏

long exposure 2 バルブ撮影

grand-5

Another 4 minutes exposure photo with the 4x5 large format camera.
Grand Central in NYC, my favorite station.
That woman on the right? She didn't move while the shutter was open...

4分間露出の大判カメラの写真、その2
お気に入りのマンハッタンのグランドセントラル駅
右のおばさん、シャッター開放の4分間ほぼ動かなかった様子

long exposure 1 バルブ撮影

fs_project-013

Times Square subway station, late afternoon, on a weekday. Taken with a TOYOVIEW 45CF, 4x5 large format camera.
Hundreds of people walked by when this photo was being taken, but only a few minor traces were visible because the camera shutter was left open for 4 minutes.

タイムズスクエアーの地下鉄の駅、平日の午後、大判カメラ、トヨビュー45CFで撮影
この写真を撮っていた瞬間、ここは数百人の人が流れていたけど、4分間のシャッター開放の後は影が幾つか残っていただけ。

texture 3

fs_project-019

Street metal plate at SoHo

道路の鉄板、ソーホーにて

texture 2

fs_project-020

Fence and wall in SoHo.

ソーホーの壁

texture 1

fs_project-021

A school photo series for "texture", a wall in SoHo near Broadway.

大学の "texture" シリーズ、ソーホーのブロードウェイーの壁

grand central グラントセントラル

grand45adobe_002

Took my new 4x5 large format camera to Grand Central Station yesterday.
Photo with 1 minute long exposure with f/.64

昨日はさっそく新しい大判カメラを担いでマンハッタンのグランドセントラル駅へ
この写真は1分間のシャッター開放、絞りは64

tile タイル

fs01-assignment-23

b&w film on 8" x 10" fiber paper

NYC 14th St. subway station

マンハッタン、14番街の地下鉄駅
白黒フィルム、バライタ印画紙

commute 通勤

fs01-assignment-24

At Line "1" 14th St Station

plug 消火栓

fs01-assignment-22

"Plug near 54th Street and Broadway" ブロードウェイ近辺の消火栓


Another one blank week in my blog as I was focused on my mid term exams.

One of my main courses is called "freshman" seminar. Yes, I'm a freshman, and this course uses only analog (film) cameras. My previous experience with film was "zero" so this is a fun class where I walk around NYC with my newly aquired film camera, Nikon FM3a, shoot rolls of black & white film, and then bring them to the school so I can develop and print them myself.

There is a magic moment in the darkroom when the black & white image comes up on the paper as I dip it into the developing agent. I've screwed up a few rolls, spent lots of weekends in the darkroom, but I'm learning some of the basic of beauty of photography.

中間試験に集中していたのでブログは1週間お休みでした

今学期のクラスの一つはフレッシュマンセミナー。はい、この歳でフレッシュマン(1年生)ですが、このクラスはフィルム、アナログカメラのクラス。フィルムの経験はゼロなので非常に楽しいクラス、中古のニコンFM3aを購入、このカメラに白黒フィルムでマンハッタンの街を歩き回って、フィルムを学校の暗室で全て自分で現像、印刷

暗室の中で、初めて見る、白黒のイメージがほんわりと紙の中に現れる瞬間。魔法の瞬間。数本のフィルムは失敗作、週末もしょっちゅう暗室で過ごしてますが、だんだん写真の基礎がわかってきました

toilet トイレ

toilet-1

Arrived Frankfurt airport 6:00 am.

German toilet does more than flush.  It has a big on/off switch so you can stop the water, have an exact amount of water, have a complete control of your situation.  The toilet at Frankfurt airport Lufthansa VIP lounge is also equipped with a mechanical rotating toilet seat that swipe the seat after each use to sterilize itself.  Most toilet in Japan and our apartment in NYC have "Washlet", a gadget that cleans you with a single click of bottom.  Some toilet in Marrakech were squat style, reminded me a historical "pre-washlet" era in Japan.  Toilet in Sahara was, no, there was no toilet.  Sand dune takes care everything.   

To answer a question from my friend from Nara, Japan.  Building in Marrakech are made with large mud block from their red sand, stone, and lime.  Roman built with stone.  Japanese used to build with wood and paper.  German builds with a precision.  American builds with a dream.  Sahara sand people set up their tent with a respect to the nature.  Houses are build with most common material available in that place.

Near Sahara, there were lots of ruin.  As they were build with mud, it simply returns to dust when human stop its habitation.  Even the nice Riad I was staying in Marrakech had walls buckling.  Owners told me they need to re-plaster and repaint every year.   Each night before sleep, I swipe the bed sheets and find some plaster or paint peel on the sheets.  This is not disgusting.  It's a cycle of life.  It is also an amazing technology that outside temperature is 52 degree C (125F) and inside of room is 28 C without A/C.

German, Japanese, we do a good job being anal-retentive and control our living situation.  I feel home when I see the toilet tile in perfect alignment, an mathematic order of universe, and quality in craftsmanship.  In the dune, camel piss and shit as they carry you along which I didn't mind.

Click here for misc. photos from the planes flying above Istanbul, Mediterranean sea, and Frankfurt.

朝6時に無事にドイツ、フランクフルト国際空港に到着

ドイツのトイレは単に流れるだけでない、まるでオン・オフのスイッチの様に思いのままに流れを止め、節水を自分で管理できる。フランクフルト空港ルフタンザ航空のVIPラウンジにあるトイレはボタンを押すと機械的に便座が一回転して、シートを消毒してくれる。ごぞんじの様に日本のトイレの大半、またウチのマンハッタンのトイレにはウォシュレットが着いて、ボタン一つでおしりをキレイにしてくれるが日本以外でウォシュレットは珍しい。モロッコやトルコのトイレはしゃがむアラブ式、ウォシュレット時代以前の和式くみ取りトイレを思い出させる。サハラ砂漠のトイレ、いいえ、サハラ砂漠にトイレはありません、砂の力、砂漠が全てをこなしてくれます。

マラケシの写真を見た奈良の親友からの質問への返答、マラケシの建築物は現地の赤い土、砂利、石と石膏を混ぜた大きな煉瓦ブロックで造られている。ローマは石で建物を建てた。日本では昔は木の柱に障子、襖で建てた。ドイツは精密さを建てる。アメリカは夢を建てる。サハラの砂の民は自然を尊敬してテントを建てる。建物はその場にもっとも一般的にあるモノを使って建てる。

サハラ近辺には荒れ果てた遺跡がいっぱいあった。土で建てられた街、人がいなくなると砂に戻っていく。自分が泊まっていたきれいな旅館でさえも、壁の一部がふくらんでいて、オーナーが言うには、年に1度しっくいを塗り直し、ペンキを塗り直さないといけないらしい。毎晩寝る前にシーツを掃除すると、確かに天井の材料の一部が剥げて落ちていたりするがこれは汚いわけではなく、自然な流れな訳だ。外気温が52度を超すなか、エアコン無しに室内は28度、これはすごい技術。

ドイツ人と日本人に共通な点、以上に神経質に物事を、自分の周りの環境を管理する。(ここドイツの様に)お風呂場のタイルがキチンと整然とならんでいると、自分はそこに数学的バランス、宇宙の神秘を見て、安心する。サハラ砂漠ではラクダは人を担いだまま、歩きながら糞尿をおこなうがこれはこれで、気にはならなかった。

飛行機からの写真、イスタンブール、地中海、フランクフルト上空、はここをクリックして下さい。

adidas アディダス

adidas-1

Adidas shop wall southeast of Shinjuku station

新宿駅南口の近くのアディダスショップの壁