tuaregs 砂漠の人

s-camel-18

There were 14 of us on the bus from Marrakech to Zagora across the High Atlas mountain for a day trip to Sahara desert, experiencing the other side of Morocco. There were 7 college students from Indiana. They are attending a summer school in Spain studying Spanish (language). Also a Catalan couple from Barcelona, Iranian and Swidish couple who live in Spain, two Japanese girls from Italy, and myself. So the common language was English but also we tried in Italian, Spanish, and Japanese to communicate.

Leaving Marrakech around 7 am, first one hour was exiting from the city, uninteresting sight. Then the scenery completely changed into a 4000m or 12000 ft high mountain range.

As crossing the High Atlas mountain pass, there were so many small village on the cliff. Some are abandoned old village, some are still inhabited. Often I couldn’t tell it is an old ruin or inhabited village...

The bus made few stops including fortified village and kasbah at Alt Benhaddou and Dades Valley. Each stop includes Berber dressed in their traditional cloth, trying to sell souvenir, long line for toilet (some are old style Arabic squat style and you need to give some $ to get a toilet paper from attendant), another long line for people trying to buy a bottled water. I had 1 litter bottle every 3 hours to keep my body from not dehydrating in this hot and dry land.

12 hours on the bus, more oasis and ruin passed by the view, and we finally arrived the rendezvous point with our next part of adventure, a camel ride to the dune.

Here, we all got on this big animal, big animal would raise itself but more like trying to shake you off. I have never done a camel ride but this animal is big and tall. You are basically 8 feet off the ground, trying to hand onto a camel, trying to hold onto your bag, and trying to take a photo at same time.

Initially butt hurts but our body (and camel will force us to) find a right spot where it is less painful and being able to enjoy the view. After 45 minutes camel swinging us back and forth, the scene changed from waste land to more like dune.

We arrived our tent in one hour camel ride and were being greeted by nomadic Berber people, Tuaregs, or sand people. They gave us a Berber whisky (tea), followed by very simple but tasteful dinner, Chicken Tagine. After that, we all hang around the dune, sing, and watch stars.

It is amazing to sit on the dune. There is no sound at all expect occasional ring tone. Yes 21st century Tuaregs are equipped with Toyota or Mitsubishi 4x4 and Nokia cellphone.

Otherwise, no sound, no light, just a sand dune, moon, and us.

For more photo from the scene along the trip, please
click here.
Additional photo from camel ride
here.

マラケシからハイアトラス山脈を越えザゴラへ、サハラ砂漠へのバスツアー。反対側のモロッコを経験したくて自分も含め14人が参加。インディアナの大学生が7人、彼女らはスペインでスペイン語の夏期講習を受けているらしい。カタラン(スペインの一部)、バルセロナから来た夫婦、スペインに今住んでいるスエーデン人とイラン人のカップル、そしてイタリアに住んでいる日本人の女性2名(さこさん、と洋子さん)。いちよ共通語は英語、でもイタリア語(日本人の2人)、スペイン語(カタランのご夫婦とスエーデン・イランのご夫婦)、日本語(洋子さん、さこさん、と自分)と会話はごちゃ混ぜ。

マラケシを経ったのは朝7時、初めの1時間は街を脱出するのにかかり、つまらない風景、だけとそこから風景はいっきに変わり4000メートル級の山脈。

ハイアトラス山脈では崖っぷちに小さな集落がいっぱい。中には遺跡、放棄され朽ち果てた街、まだ人が住んでる町。ただ、どれが遺跡でどれに人が住んでるか見分けがつかない...

バスはいくつかの場所に立ち寄り、城壁に囲まれた街、Alt Benhaddouやダデスバレーへ。停まる度に原住民のかっこうをした人がおみやげ品を売りに来て、トイレの長い列(アラブのトイレは和式に似てる、しかもトイレットペーパーが無いことが度々、ティシューを売るおじさんがそこにいるので要チップ)、ペットボトルの水を買うまた長い列。この乾燥した暑い所、3時間に1リッターの割合で給水。

12
時間のバス、いくつものオアシスと遺跡を眺めた後、バスは次の冒険へのランデブーポイントへ。ラクダに乗って砂漠へ

ラクダは初めての経験だが、けっこう大きな生き物!こいつにまたがり、こいつが曲げていた足を伸ばすと前後に数回揺すぶられ、落とされるかと思う。立ち上がると、自分の視点は25メートル以上の高さで、この状態でバッグを持って、水を持って、写真を撮るのはけっこう大変。

初めはケツが痛いがそのうち自然な体勢になり、と言うかラクダに自然な所へもっていかれる?まあまあのんびりと。ラクダに前後に振られること45分、風景は荒れ果てた草原から砂漠へと変わって行く。

一時間のラクダの後、テントに到着、ここで原住民のツアレグス、ノーバディック バーバー、もしくは「砂の民」が歓迎してくれる。ここでバーバーウイスキー(お茶)をいただき簡素ではあるが、とっても美味しい鶏のタジンの夕食。食事の後は砂漠に寝そべり、歌い、踊り、星を眺める

砂漠、感激!砂漠ではまったく音がしない。時々携帯が鳴る以外... 21世紀の砂の民はトヨタや三菱の四駆とノキアの携帯で装備。

それ以外は全く音がしない、砂と、砂漠と、月と、人と...

道中の写真はここをクリック
ラクダの写真はここをクリック

お楽しみください


photo 写真

marra-photo-4

You may not noticed reading my blog and photo from July 27th to July 29th but it is very hard to take a good photo in Morocco.

Islam does not say “do not take a photo”, it says “do not create and worship idol”. But people dislike being photographed here. So I have to ask each time I point my camera to people. Sometime they ask me a change ($) for being photographed. Often they decline being photographed.

So I can imagine it must be a huge challenge to have a photo gallery in Morocco or being a professional photographer.

I was lost in Medina and accidentally found this lovely photo gallery:

Maison de la Photographie
46 Rue Ahal Fes Marrakech
www.ecomuseeberbere.com
contact@ecomuseeberbere.com
tel: (+212)5-24-38-57-21

I was exhausted walking 4 hours, carrying my heavy camera bag, and photographing this city in 52 degree C (that is around 125 degree F?) hot weather. Seeing my camera bag, Patrick, the owner of gallery offered me a ice tea, and gave me a private tour.

They have few thousands photos from 1890, scene of Marrakech from early 20th century in this country where people dislike being photographed. Their collection includes hundreds of original French 3D photo in glass, more than 100 years old but still crystal clear.

Fujifilm just announced their 3D digital camera, about 100 years behind from this original equipment.

This gallery is a non-profit by volunteer and donations. Please make your stop when you visit Marrakech.

More photo from the gallery
here. 写真のつづきはこちら

7
27日から昨日までのブログを読まれても気がつかれないだろうが、モロッコで写真を撮るのは一苦労

イスラム教は「写真を撮るな」ではなく確か「偶像を作ったり崇拝するな」と言っているはずだが、イスラム教の地ここモロッコではみんな写真を撮られる事をいやがるのでかならずカメラを向ける前に、写真を撮って良いか聞く、時々お金を請求されるし、しょっちゅう断られる

こんな土地柄、プロの写真家として生きていく、また写真のギャラリーを開くのは大変な事だろうと想像できる

そんな旧市街地を歩いていて、道に迷ったさき出くわしたのがこのギャラリー(情報は上記の英語の部分をご参照ください)

4
時間近く、重いカメラバックを担いで52度と言う温度の中を街を歩いて写真を撮っていたので、倒れそうだった。そんな自分を見て、オーナーのパトリックは冷たい紅茶をくれ、ギャラリーのツアーをしてくれた

そこには1890年頃からの数千のコレクション、この写真を撮られることをいやがる国で20世紀初期のマラケシの風景、そして100年前のフランス製のガラスに3Dで撮った写真、今でもくっきりとそのオリジナルのガラス板は数百を超える

確か数日前にフジから3Dのデジカメが発売されたと思うが、100年後の話だ

ギャラリーはボランティアと募金でやりくりしてます、マラケシへお越しの際は是非お立ち寄りください




jemaa el fna マラケシの広場

marra-jemaa-6

Jemaa El Fna, a center of Marrakech Medina.

Please enjoy more photo here.

Jemaa El Fna ジェマーエルフナ、マラケシの街の中心の広場

ここをクリックして、写真をお楽しみください

souk マラケシの市場

marra-souk-36

Amazing place, Marrakesh! It kept pre-industrialization city in northern Africa as it was 500 years ago, full of energy, and yet reasonably safe place to walk around. Walking around “souk” or stores, you hear shop keepers trying to sell crap in every languages. “hello my friend”, “japon”, “ohayo”, “china”, “hashishi”, “taima taima” (marijuana in Japanese, who told them this word?)...

Click here for more photo 写真のつづきはこちらへ

マラケシはすごい!500年前の北アフリカの、産業革命前の街がそのまま残ってる
通りは活気にあふれ、店主はいろんな言葉でくだらない物を売りに来る、ハロー、ヤポン(フランス語の日本人の事)、おはよう、チャイナ、ハッシッシ(大麻の一種)、そして日本語で「たいま、たいま」...
だれが教えたんだ、大麻って言葉を...

marrakech マラケシ

marra-street-1

Safely arrived Casablanca around midnight, took a cab from the airport to the city, and checked-in the hotel. I hate to say but I dislike Casablanca. It is nothing like the movie. So I quickly left the city took a train to my destination, Marrakech. It is the old capital of Morocco, and preserved 500+ old walled city.

Enjoy the photo of city view here.

カサブランカの空港に真夜中に無事到着、タクシーで市街地へ、ホテルにチェックイン、カサブランカの街には魅力を感じない... 映画のカサブランカの印象はどこにも無い... 翌朝さっそく列車で目的地のマラケシへ

ここは500年以上前の城壁で囲まれたモロッコの旧首都

街の風景を写真は
ここをクリックしてでお楽しみください。

berlin walk ベルリンの散歩

b-walk-14

Gentleman wears hat when crossing.

Click
here for misc. photos from Berlin. ベルリンの街の写真はこちらへ

紳士は渡る時帽子をかぶる

p.s.

Berlin was rainy, couldn’t take lots of photo, cold, but had a good time here.
Just spent 6 hours at Frankfurt Lufthansa First Class Lounge, reviewing, sorting, selecting, editing, and posting my photo from Berlin. I may not be able to upload large photo from my next destination, Morocco, but stay tuned for more photo.

ベルリンはあいにくの雨、あまり写真が撮れなかったですし、また気温も低く寒かったですが、楽しかったです
フランクフルト空港のルフタンザ航空、ファーストクラスラウンジで6時間かけてベルリンの写真をレビュー、選択、編集しました。次の目的地はモロッコ、ネットの状況によっては、なかなか写真をアップロード出来ないかもしれませんが、お楽しみに!

berlin wall ベルリンの壁

b-wall-5

A symbol of cold war between “east” and “west”, Berlin Wall.

Most of Berlin Wall were gone...

It should be preserved so people remember...

Some limited remaining Berlin Wall photo here. 写真の続きはこちらへ

東西の冷戦を象徴するベルリンの壁

その大半は破壊され、無くなっていた

意識して、残しておくべきだと思う、みんなが忘れないように...

berlin ベルリン

berlin-9

It was raining most of my Berlin visit, those are rare sunny moment at Brandenburg.

More photo from my sightseeing
here. 観光名所の写真はこちらへ

ベルリンはずっと雨、たまに晴れた瞬間に有名なブランデンバーグや観光周りを

train 列車

b-train-16

Took ICE (Inter City Express) from Frankfurt to Berlin, running top speed of 300 km/h, connecting two cities in just about 4 hours, very relaxing way to travel in Europe.

More photo from train and Berlin Hfb (main) station
here. 列車とベルリン中央駅の写真はこちらへ

フランクフルトからはドイツの新幹線、ICEを使ってベルリンへ、最高速度300キロでこの二つの都市を4時間弱で結んでいる、やはりヨーロッパの旅は列車で

day and night 昼と夜

i-night-15

My five days of Istanbul visit went so fast!

... Make a mental note to myself, my next visit should be minimum of two weeks.

Istanbul is a busy and exciting city with so many things happening. Here is more photo from
daily life in Istanbul.

Once sun goes down and air cools off, you see even more people enjoying the city on the water.

Here is a
night view of the great city of Istanbul.

Con (pronounce as Jon), a host at the Eklektik Guest House, is a world traveler. He has been so many place all over the world. I invited him to NYC but he said “I’ve been NYC three times and I liked it but I like trying new and visiting different place rather than going back to the same place I’ve been”.

I agree him about trying new place but I must return to Istanbul.


5
日間のイスタンブールはあっと言う間だった

次回は2週間以上余裕をとって訪れないと...

イスタンブール、ガヤガヤと、わいわいと、とっても活気のある街、その昼の風景の写真はこちらへ

また、日が沈み温度が下がるとさらに、この海岸の街は人でいっぱいになる

夜の風景の写真はこちらへ

泊まっていたEklektik ゲストハウスのオーナー、Con (CだけとJohnと同じような発音)は世界中を旅行している。ニューヨークへ来るときは声をかけてと言うと「ニューヨークには3回行ったことがある、好きだけど他の新しい、まだ訪れた事のない街がいっぱいある」と

確かに自分もまだまだ訪れたことがない、訪れたい街がいっぱいあるが、イスタンブールには必ず戻ってきたい

mosques 寺院

sophia-31

Monday and Tuesday were “mosque” day. I spent two days walking around “old city” or “Sultanahmet” where dozen huge mosques creates an unique skyline.

It is hard to capture the scale of
Haghia Sophia... Its interior has so much details that you lose your focus. I spent three hours in here, using 200mm telephoto lens to describe the detailed craftsmanship, and layers of history. My neck hurt after doing this.

Also another humangas mosque,
Sultanahmet (Blue) Mosque.

Keep my comment short, please enjoy the photo.

月曜と火曜は寺院巡り、数十の寺院がある、イスタンブールの旧市街地、サルタンハメットを歩き回った。

ハジアソフィア、この建物のスケールを写真に撮るのは難しい... あまりにも細かな内装を眺めていると、目がくらくらする。200ミリの望遠を使って約3時間その建物のいくつもの重なった歴史と詳細を撮ってみた。

またその隣にある、超巨大寺院、サルタンハメット寺院、別名ブルー寺院とはその外装が青色ぽいグレーな為

自分の言葉で説明するより、写真をお楽しみください

(上記の下線の入った名前をクリックすると、写真のページに移動します)

non smoke 禁煙

istanbul0717-6

Last Saturday was the day for Turkey to implement a new “non-smoking” law. Seeing many bars with Hookah (water pipe), I thought smoking is a part of national identity of Turkey but that may no longer be the case. I was told that the law changes often here in Turkey. Politicians do one thing, then lose their vote, reverse the legislation later.

I heard bout a proposed law today. Every Turkey citizen must serve 12 months in military. It used to be 15 months but again politician got pressure from caring parents and the service requirement was reduced. I was also told if you go to university, then student used to pay some amount of money to avoid military service.

Talking about military service, I realized Japan is one of the few countries in Asia that does not have a draft. Korea, China (selective), Taiwan, Singapore, Thai (selective), many other regions around Japan have some type of draft.

Just as Turkish law, many things can change. I respect people who are in the military voluntary but I’m glad that I was not drafted and I hope Japanese constitution article 9 will remain as is.

Article 9 of the Japanese constitution prohibits the state from engaging in a foreign war of aggression and only allows for a self defense force.

Random
photos of wall in Istanbul, Turkey 色々な壁の写真

先週の土曜日はトルコの新しい禁煙法の開始日だった。バーにおいてある水パイプでたばこを吸う風景をよく見るので、喫煙はトルコの象徴と思っていたが、どうやら変わるらしい。しかし、トルコでは法律はしょっちゅう変わるとも言われた。政治家は新しい法律をつくっては、人気が下がり、また逆行する。

トルコの法律でもう一つ今日教わった事は徴兵制度だ。トルコの市民は12ヶ月の兵役義務があるらしい、以前は15ヶ月だったが、子供思いな両親達からのプレッシャーで3ヶ月縮まったそうだ。また、大学に行くと昔はお金を払えば兵役期間を縮めるか、無くす事も出来たらしい。

徴兵制度の話をしていて、ふと気づいた。韓国、中国、台湾、シンガポール、タイなど日本の周りのみなさんには何らかの形で徴兵制度があることを。

トルコでしょっちゅう法律が変わる様に、色んな事は変わっていく。自分から進んで軍隊にボランティアする人達は尊敬するが、兵役義務が無かった事は自分にとって幸せだ。そして日本の憲法第9条はそのままであってほしい。

Turkish "i" トルコ語のi

istanbul0719-29

At Istiklal Caddesi, Istanbul

Sunny
Sunday and Istiklal Caddesi was full of energy.

I spent all afternoon taking photos on the street, took a break and tried hamams or Turkish sauna (some special meaning in Japanese below), then went back to Istiklal Caddesi, had a dinner and talked some tourist from UK. He speaks English, French, German, and some Turkish. We were talking about Turkish language and he pointed out
Turkish “i” with out “.”, looks more like “1”. Yes I remember Turkish “i”. I used to work on international software development and back in 1998, we broke Turkish “i” while updating the character code page. I received a bug report and nasty email from Turkish manager about breaking their important character “i” right around final RC (release candidate). I don’t remember a full detail of how we broke it and how we fixed it but that was the only code change we’ve done in favor of Turkish version of Windows98. Sudden flashback from 11 years ago.

Those people on the street are too young to know what Windows98 was like.

And special note for a woman who is carrying a bag from
Strand, a famous bookstore in NYC.


Link to my photo
写真へのリンクは
Istanbul Sunday イスタンブールの日曜日


イスタンブール、イスティクラル通りにて

日曜日のイスティクラル通りはエネルギーでいっぱい!

今日は一日中写真を撮ってその後はトルコ風呂を挑戦!(日本語でトルコ風呂と書くとなんとなくいやらしいけど普通のサウナ)、そしてまたイスティクラル通りへ
夕食をしてると横のイギリス人と言語の話、彼は英語以外にフランス語とドイツ語が流暢で、トルコ語も少しわかるそうで、トルコ語にある「i、これは上の点がなく「1」に似てる文字、ああ!トルコ語のi、以前国際版のソフト開発をしてたがそう言えば文字コードを改新した際に間違えてトルコ語のiを壊した事があった。最終出荷体制に入った時点でこのバグにトルコのマネージャーが気づき、これを直さないと彼らのアルファベットのうち一番大切な「i」が入力出来ないと、バグレポート、およびメールをいただいた。どうして壊したのか、どうやって直したのか詳細は覚えていないが、数多いバグ修正の中でトルコ語の為にWindows98でコード変更を行ったのはこの件だけなのは、はっきり覚えている。突然11年前の色んな事が頭を横切る。

このイスティクラル通りを歩いている若い子達の大半はWindows98って使ったこと無いんだろうな...

ところで、写真の女性、ニューヨークで有名なStrandの本屋さんのバッグを持っている事に注目

red room 赤い部屋

redroom-1

In
Istanbul, Turkey.

Eklektik is a very cute guest house in a very convenient location, only 3 min walking distance to Istiklal Caddesi. My room is guess what, a “Red Room” next to a terrace with a views over the Bosphorus, a bay and Asia side of Istanbul on the top floor.

From there, you can take the TUNEL (a cable car though tunnel) down to Karakoy, then take a streetcar to the old city.

Friday, I took a nap, walked around Iskiklal Caddesi (caddis means street or avenue) but uneventful as I was exhausted from one cross Atlantic flight follow by 4 hours flight from Frankfurt to Istanbul.

Saturday was more productive day. I took a streetcar to Laleli, walked near Istanbul University along the Aqueduct of Valens toward to Faith Mosque. U-turn from there then,
Beyazit Mosque and walk to Kapah Carsi or Grand Bazaar.

Mosques. I am not religious but the space was very spiritual. Mosque dome is a repeated mathematical pattern and you can feel the order in its design.

But The Grand Bazaar, on the other hand is very dynamic and noisy. I was expecting more smelly dirty market but Grand Bazaar is an modern and amazing place. You can easily spend hours just wondering around here.

Istanbul presents so many dualities. Asia and Europe. Old and New. Quiet and Noisy. Traditional and Contemporary...

Links to my photo page
写真のページへのリンクは:
Istanbul イスタンブール
Iskiklal Caddesi イスティクラル通り
Beyazit Mosque ベヤジット寺院
Grand Bazaar グランドバザール

トルコ、イスタンブールにて

エクリクティックはイスティクラル通りから歩いて3分の便利な場所にあるおしゃれなゲストハウス。見ての通り自分の部屋はレッドルーム、最上階で横のテラスからはアジア側のボソルスが見える。

ここから、トゥネルと呼ばれる地下トンネルのケーブルカーで坂を下りカラコイから路面電車で旧市街地へもすぐ。

大西洋を越えた飛行、そしてその翌日の4時間のフランクフルトからイスタンブールの飛行機とさすがに疲れていて金曜はイスティクラル通りをざっと歩いて終わり

土曜日はもっと色々と、まずは路面電車でラレリまで行きそこからイスタンブール大学の横をローマ時代の水道、アクアドックづたいにフェイス寺院まで歩きそこからベヤジット寺院、また大昔からのマーケット、グランドバザール

モスク、イスラム寺院、自分はあまり宗教的では無いが、この空間はやはり神聖だ。数学的に繰り返されるドームのパターンはそこになにか不思議な秩序を画く。

正反対にバザールは色んな音が聞こえダイナミック、においのする汚い古いイメージをもっていたが、まったく違い、楽しい空間。数時間ここで迷って歩き回るのも楽しい

イスタンブールは色んな所にその二面性を画く。アジアでありヨーロッパである。古いものと新しいもの。静けさと騒がしさ。伝統と斬新さ...

istanbul イスタンブール

istanbul-1

At Istiklal Caddes in Istanbul

As I headed to the security check point at the Frankfurt airport, officer was twisting her head watching x-ray view of my bags. One tripod, 6 lenses, 3 camera, 2 external HDD, one notebook, and few other camera parts. Looks like I have enough metal objects to scare them. I was kindly asked to follow another officer to a separate room where they opened and went through everything in my bags. Then I was told “you are very well organized packing your equipment”.

Coming from German, this is a complement...

My flight was full of kids. Looks like a summer homecoming for many Turkish immigrants who’s kids were born in Germany, and visiting their foreign mother land first time in their life. I share the excitement of them as plane touch down, and everyone cheers.

Istanbul. Amazing place! More to come...


イスタンブールのイシクラル通りにて

フランクフルトの空港で警備員は首をかしげて自分のバッグのレントゲン画像を眺めていた。三脚、レンズが6本、カメラが3台、バックアップ用の外付けハードディスクが2つ、ノートパソコン、その他カメラの部品など金属片がいっぱい写ってる。警備員はご丁寧に別室へ、そこでまたまたご丁寧に一つづつ、バックの中身を調べて行く、そして彼女は一言、
「あなたは非常にバッグの中の機材が整理整頓されてるは」

ドイツ人に整理整頓が出来てると言われるのは、すごくほめられた気になる

フランクフルトからイスタンブールへの飛行機の中は子供でいっぱい。どうもドイツへ移民した家族と一緒にドイツで生まれたトルコ人の子供達が初めて母国への夏の疎開のようだ。初めて訪れる彼らの故郷、その喜びを自分も分けてもらい、着陸するとみんなで拍手!

すごい所です、ここ
これから数日、イスタンブールからの写真をお楽しみください

frankfurt フランクフルト

frankfurt-1

At Zeil street in Frankfurt

After 8 hours on Lufthansa 747, I’ve arrived Frankfurt, a hub for my summer trip.

It’s been 23 years since the last time I was in Europe and many things have changed for me. In that 20+ years, some of countries have a new border, new name, new currency, or even new country. But Europe is still full of history, an interesting mixture of old and new especially in Frankfurt.

フランクフルト、Zeil通りにて

8
時間のルフタンザのジャンボジェットの後無事フランクフルトに到着、ここはこの夏の旅行の中継地点

ヨーロッパに23年前に来て以来、自分にとっていろんな事が変わった。その20数年の間に国境が変わった国もあれば、名前の変わった国もあるし、硬貨や紙幣も新しくなったし、新しい国も生まれた。だけどヨーロッパにはやはり歴史を感じさせるところがある、古いものと新しいものが面白く交わるヨーロッパ、特にフランクフルトは新旧の交わりが面白い

1.754TB テラバイト

bag-1

Two bags I’m taking with me to Europe and Africa trip.

Not many cloth, lots of lenses, and lots of storage capacities:

500GB (computer)
1TB (external drive)
94 GB (CF and SD cards for camera)
160 GB (phones & iPod)

TOTAL = 1.754 Terra Byte of storage capacity.

Hope that’s enough to photograph Frankfurt, Istanbul, Berlin, and Morocco for next three weeks.

ヨーロッパ、アフリカ旅行に持って行く2つのバッグ

あまり服は入っていないが、レンズとストレージはいっぱい

1.754テラバイトのキャパ、これだけあれば、3週間のフランクフルト、イスタンブール、ベルリン、モロッコの撮影に足りるはず...

modern art 近代美術

nycstreet-46

Unused billboard at 14th Street subway station.

14番通りの地下鉄の駅にて、使われていない広告掲示板

garage door ガレージドア

nycstreet-47

A garage door near Bleeker Street In West Village

ウエストビレッジ、ブリーカー通り付近のガレージドア

ankle brace 足枷

carolines-1

To complete the NYC experience, I have taken our friends from Tokyo to Carolines stand-up comedy house on Broadway.  Andy Dick was performing.  I knew him from Aristocrats and also he had some trouble with law year ago but didn't expect to see an ankle brace (GPS unit for house arrest) used as a part of his story line...  His son also performed at Carolines, joking about his father's misbehavior...

東京から遊びに来ていた友達がマンハッタンの経験を満喫出来る様昨晩はブロードウェイのコメディーハウス、キャロラインズへ。Andy Dickが登場。彼は映画 Aristocrats で知っていたし、彼が数年前法の裁きを受けた事も知っていたがまさか、警官が彼の居場所を探知出来るGPSの足枷を付けて舞台に立ちそのことをお笑いのネタとして使うとは思いもよらず。おまけに実の息子もコメディアンとして登場、父のセクハラ事件をまたネタにするし...

hudson ハドソン川

nyc_071009_m-5

West of Manhattan above 57th Street, New York City and State are repurposing old and broken ferry terminal and “pier D” into a very nice park, Riverside Park.

Using rusted old steel frame from pier, and train/ferry terminal, this park creates an oasis in busy city with some SiFi movie scenes.

For more photo, click here. 写真のつづきはこちらへ...

マンハッタン島の西側、57番通りの北をニューヨーク市と州がRiverside Parkとして再開発している。この公園には昔のフェリーターミナル、鉄道や錆た港の鉄骨が川に沈み、SF映画のシーンの様に見える反面、忙しいこの街のオアシスに

iridium

iridium-1

Friends from Tokyo wanted to enjoy a taste of jazz in NYC so we headed to
iridium, a jazz place on Broadway.

It is not as famous, nor as fancy as Blue Note. It’s all about your music taste and who is playing, but iridium could provide a nice evening right at the center of Times Sq without paying too much.

Last night, the performance was done by Antonio Hart, Cindy Blackman, George Colligan and Eddie Gomez, playing music of Chick Corea.

東京から遊びに来ている友達がジャズが聴きたいと、そこでブロードウェイーのイリジウムへ

ブルーノートほど有名でも、ファンシーでもないし、どんな音楽が好きで誰が演奏してるかによるが、イリジウムはタイムズスクエアーにも近いし、お手頃

昨晩はChick Coreaの音楽をAntonio HartCindy BlackmanGeorge ColliganEddie Gomezによる演奏

one year in hell

hell_md-27

It’s been one year since we’ve moved to Hell’s Kitchen, NYC.

Celebration with friends.

For more photo, click here. 写真のつづきはこちらへ...

マンハッタンのヘルズキッチンに越して1年

昨晩は友達とそのお祝いを

little manhattan 小さなマンハッタン

TS_emp_st_bldg-18

Photo series “little empire” was posted two days ago. These photo are done using tilt-shift lens. Now a short video is created using hundreds of same type of still photo.

Click here to go to YouTube to view the video “little manhattan”.

Enjoy.

数日前にティルトシフトレンズを使って撮影した「小さな皇帝」の写真シリーズを掲載しましたが、この時撮影した数百枚の静止画像を使って短いビデオを造ってみました

「小さなマンハッタン」、
こちらのリンクから、YouTubeでお楽しみください

kindle キンドル

kindle-1

Got
Kindle2, not a big DX but a small one.
So I searched “kindle CJK hack”, found a good site, and done this.

By default, Amazon Kindle does not display Asian characters like a CJK (Chinese, Japanese, Korean or, Hanzi, Kanji, Hanja, and Hangle). That is not a problem reading Amazon Kindle subscriptions like New York Times which I love. But I have some Japanese text files that I want to read on my Kindle. The
hack is very simple. Someone made a package (.bin file) for you. So far, it works very well as long as my text file is saved in UTF-8.

アマゾンのePaperデバイス、キンドルを入手、2だけど最新の大型DXではなく、小さいデバイス
そこで早速、漢字のハックを検索

アマゾンのキンドルは購入時にはCJK、中国語、日本語、韓国語などのアジア言語の表示が不可。一般のユーザーはキンドルのサービスでたとえばニューヨークタイムスの新聞を定期購読していて、CJKの表示が出来なくてもなんの支障もないけど、日本語のテキストファイルを読みたい自分にとってこれは悲しい...

ハックはすごく簡単で既にパッケージ化されたファイルをコピーして、ソフトウェアーアップデートを手動で走らせるだけ、今のところUTF-8Unicode)で保存されたテキストファイルは問題なく読めてます

Additional info below in Japanese since Kindle is not sold in Japan
Amazon
Kindle、アメリカのみの発売で日本の皆さんはあまり情報がないかと思い追加情報です。

ソニーさん、富士通さんとかからもePapereInk、のディスプレーを使った製品が出てます。自分は組み込みデバイスのディスプレーって好きでソニーさんの製品は新、旧、共に持ってます、デバイスとしての出来はOKですが、Amazonさんのプロダクトはサービス!3Dの携帯データ回線がタダでついてます。これに定期購読のサービスで新聞とかを購入すると、毎朝起きるとその日の新聞が、かってにデバイスに入っている!

携帯のデータ使用料は払わず、新聞とか本の購読料をベースにした、ビジネスモデル。電話屋とか家電メーカーが造るとこんなサービスにならないんですよね

また、iPhoneのアプリを入れるとiPhoneで読み始めて、どこまで読んだかサービス側が記録して、次にKindleの電源を入れると、「iPhoneで読まれた続きから読みますか?」って聞いてくる。

OS
とかプラットフォームにこだわる会社だとこう言うクロスプラットフォームなシナリオも描きにくいし

コアデバイス、端末、これらの機能だけに暴走してエンジニアの為の製品になりがちな日本製品。

iTunes
iPhoneをはじめ、このKindleでもサービスの為の、ユーザーのシナリオの為のデバイス。プロダクトコンセプトとサービスプロバイダー、コンテンツプロバイダーを巻き込んで新しいモノ造りをする力!

大切ですね、これからは特に...

little empire 小さな皇帝

TS_emp_st_bldg-3

Sunny day in NYC, headed to the Empire State Building to photograph a big miniature city New York

For more photo, click here. 写真のつづきはこちらへ...

快晴のニューヨーク、大きな模型都市を撮影しにエンパイヤーステイトビルへ向かう

reflection 反射

09julyfourth-14

Great dinner with friends celebrating Independence Day, watching reflections of fireworks on mirrored city.

For more photo, click here.  写真のつづきはこちらへ...

アメリカ独立記念日を友達と鏡の街で花火を観ながら祝う

patriotism 愛国心

nycstreet-41

On 9th Ave. Hell’s Kitchen, NYC

Respect the symbol...

It’s ok to show our patriotism
It’s not ok to wave the flag, then toss it to the street as a garbage.

Happy Fourth

シンボルに対した尊敬の念を失わないように

愛国心を表現するのは悪いことじゃない
でも、旗を振った後で道にゴミのようにそれを捨ててしまうのは...

祝、独立記念日


マンハッタン、ヘルズキッチンの9番街にて

"furniture"

nycstreet-45

At the Central Park, NYC

Didn’t see “furniture” in this sign.
“Kids Inventory Clearance Event!”

このサインの”furniture” (家具)が見えなかった
「子供の在庫処分セール」

マンハッタン、セントラルパークにて

"y"

nycstreet-44

On 9th Ave. in Hell’s Kitchen, NYC

Didn’t see “y” in this sign.
“Sex Alteration”

このサインの”y”が見えなかった
「性転換」

マンハッタン、ヘルズキッチンの9番街にて

sleepless 眠らぬ街

nycstreet-3

At New York Subway 23rd Station

Tokyo is a busy city but its train system shuts down after midnight, then wakes up around 5 am. If you miss the last train, you keep drinking until next morning.

New York subway system operates 24 hours. It may not be as clean nor as reliable as Tokyo system but it reflects the character of true sleepless city.

ニューヨーク地下鉄、23番通り駅にて

東京は確かに忙しい所だけど、電車や地下鉄は真夜中に止まり翌朝動き出す。終電を逃せば朝まで飲み続ける羽目になる

ニューヨークの地下鉄は24時間営業。東京の様にキレイで時計仕掛けな動きはしないけど、眠れぬ街ニューヨークの性格を反映している

subway 13 13号線

subway13-1

Shinjuku 3 chome subway station between Isetan and Takashimaya.

Tokyo Subway #13 was under the construction while we lived in Tokyo. It is now complete, up and running, and called “Tokyo Fukutoshin Sen” or Tokyo Secondary Capital Line. This new subway line connects Ikebukuro and Shibuya through Shinjuku, providing an alternate path on the west side of Tokyo parallel to the JR Yamanote line.

It is amazing to see Tokyo continues to reinvent itself, rebuild, and improve especially extending Shinjuku station while operating the station where 800,000 people travel though everyday.

地下鉄新宿3丁目駅、伊勢丹と高島屋の間

東京に住んでいた時地下鉄13号線が建設中だった、久しぶりの東京、その路線は完成し運行していた。工事中は13号線と呼ばれていたこの地下鉄、完成と共に「副都心線」と呼ばれる。副都心線は池袋から新宿経由で渋谷を繋ぎ、JRの山手線と平行し東京都心の西側に新たなパスを造る

つねに変化し、再開発を続け、その姿を革新して行く東京。そこには真新しいものでは無く動き続けるモノの良さがある、毎日80万人が行き来する新宿駅、その営業を停止することなく拡張を続ける事に感心する

Looking for a blog entry from the last month? Please click “Jun 2009” on the upper right menu for archive.

先月のブログをお探しですか?バックナンバーは右上のメニューの”Jun 2009”をクリックしてください。

more... つづきは

Looking for blog entries from the last month and see more photo?
Please click
here or “Jun 2009” on the upper right menu for the monthly archive.

先月のブログや写真をお探しですか?
バックナンバーはここをクリック、または右上のメニューの”Jun 2009”をクリックしてください。