old city 旧市街

istanbul0718-35

Please click here to view video 4 of 16: Old City, from 2009 summer trip.

ビデオ第4話、旧市街はここをクリック

little sophia 小さなソフィア

sophia-15


Click here to watch my video #3 from Isntabul, Sophia Mosques.

ビデオの第3話、イスタンブールのソフィア寺院はここをクリックしてお楽しみ下さい

mosques 寺院

sophia-25

Click here to watch my video #2 from Isntabulmosques.

ビデオの第2話、イスタンブールの寺院はここをクリックしてお楽しみ下さい

video ビデオ

sultan-12

Some of my photo and video clips from the summer trip are now available in HD video format.

Click here to view the first part of video.

夏の旅の写真とビデオをHDで編集

まずはその第一話、ここをクリックしてお楽しみ下さい

bottles 瓶

nycstreet-65


Two friends from Canada spent few days at our place enjoying the sightseeing in NYC. Last night was a welcome party, total of 11 people, 8 bottles of wine, and other beverage.

カナダから友達がニューヨークの観光に、昨晩は彼らのウエルカムパーティー、11人で夕食、8本のワインボトルとその他の飲み物の空き瓶

id 学生証

nycstreet-64

It's been 21 years since my last student ID.

21年ぶりの学生証

dvd

No blog entries past few days. I've been working on a video from my summer trip so my father can enjoy them on DVD and TV. Coming soon, HD video on my website.

この数日ブログの更新が無かったのは、夏の旅行の写真をビデオに編集しているため。ビデオにしてDVDに焼くと父がテレビで写真を楽しめるので。もうすぐこのホームページからHDクオリティーでお届けします。

postcard 葉書

misc_nyc_blog-12

A postcard from Frankfurt arrived NYC in 4 days.
A postcard from Marrakech arrived NYC in 2 weeks.

That’s about a right comparison in the speed of life between New York, Frankfurt, and Marrakech.

フランクフルトからの葉書は4日でニューヨークに着いた
マラケシからの葉書は2週間でニューヨークに着いた

この違いはニューヨーク、フランクフルト、マラケシのちょうど人生の、時間の進み方の、スピードの違いと同じぐらいかと思う

diet ダイエット

misc_nyc_blog-11

7/12: 170 lb 77 kg
8/07: 161 lb 73 kg
8/17: 166 lb 75.5 kg fat 22%

I lost 9 lb or 4 kg while traveling. 3 weeks of carrying heavy camera bag, walking around cities, and taking photos in 125 degree F or 52 degree C. Then most of weight came back within one week of returning to NYC.

旅行中に4キロ減量。3週間重いバッグを担いで、街を歩き回って、気温52度の中、写真を撮って。
でも、ニューヨークへ帰って1週間で、ほぼもとの状態に戻る。

view of train 列車の見える窓

misc_nyc_blog-6

Had a nice breakfast at friend’s place with a nice view of “1” train/subway.

友人宅にて朝食、窓から地下鉄1番線が見える

Marrakech マラケシ

misc_nyc_blog-5

Found Marrakesh in Manhattan.

Click here for photo from real
Marrakech.

マンハッタンにマラケシを見つける

本物のマラケシの写真はここをクリック

pigeons 鳩

nycstreet-48

At 55th Street, NYC.

Pigeons dislike SUV.

マンハッタンの55番通りにて

鳩は高級な四駆が嫌い?

falling leaves 落ち葉

misc_nyc_blog-4

Automated drip water irrigation system was installed prior to my 3 weeks trip.
Someone shut off the water valve for my garden.
Big trees were not happy to be on the roof top in 90+ degree weather without water...

旅に出る前に自動で庭に水まきをしてくれる機械を設置
でも、旅行中誰かが水道の元栓を閉めてしまう
大きな木は屋上で28度以上の天気の中、水なし、落ち葉、悲しい...

wall 壁

misc_nyc_blog-2

At 53rd Street between 5th Ave and Madison, NYC

Traveling to Berlin, I found that there were no more Berlin Walls.
Then I found a piece of Berlin Wall only a few blocks from where I live, right here in Manhattan.

マンハッタン、53番通り、マジソン街と5番街の間にて

ベルリンまで旅して、ベルリンの壁が無いことを発見
自分の住むアパートから数ブロック、マンハッタンのど真ん中に、ベルリンの壁のかけらを発見

beacon theater ビーコン劇場

misc_nyc_blog-10

Listening
Steely Dan at the Beacon Theater on Broadway. Reminded me early 80’s...

Beacon Theater. Very nicely restored theater.

今日はブロードウェイーにあるビーコン劇場でSteely Danを観に、80年代の記憶が...

ビーコン劇場、2年前にキレイに昔の姿で修復されたオススメな劇場

dinner 夕食

misc_nyc_blog-3

Had a very nice dinner party on the roof top with bunch of friends.

3週間ぶりのマンハッタン、友人達とパーティー

room 部屋

misc_nyc_blog-1

Went to see new
Harry Potter movie in IMAX 3D at Lincoln.

Good movie but couldn’t find a party room in the restroom.

新しいハリーポッターの映画をIMAX、3Dで上映していたので観に行ったが、パーティールームはトイレの中に見つからなかった

back to NYC 帰ってきて

return-2

It was my 6th visits to the Frankfurt international airport in three weeks. Familiar view of security check point, airline lounge, nice place but enough for a while. Lufthansa must be happy seeing me again, gave me a free upgrade so my returning flight was a comfortable one, watched “X-Man”, “StarTrek”, “Dragon Ball”, and even slept some before arriving JFK.

After 7 hours of flight, a usual drama above JFK. “Hello, this is your captain speaking, JFK air control told us too much traffic back up and suggested heading to Newark before running out the fuel”. German lady next to me was not happy to hear this but I told her this happens all the time in NY especially in evening when all flights from Europe arrives at same time, and our plane has higher priority being an international carrier just crossed Atlantic, large plane 747 and full capacity, and running out the fuel so they will accommodate.

Two minutes later, “this is your captain speaking again, we have a clearance from the traffic control, flight attendants, prepare for the landing”.

It is nice to be back. Nice to sleep on my own bed. Nice to see our garden. And nice to finally unpack all gears.

But I already miss Marrakech, Sahara, and Istanbul...

For some photo from the flight, please click here.

フランクフルト空港にはこの3週間で6回目、見慣れたセキュリティーポイント、航空会社のラウンジ、なかなか良い所だけど、さすがに飽きた。ルフタンザ航空、気に入ってくれたのか、席をアップグレードしてくれた。おかげで帰りはのんびりと、X-Man、スタートレック、ドラゴンボールの映画を見て、少し寝て、気がつくとJFK空港上空

JFK上空ではいつものドラマ、「機長です、JFK上空大変混み合っておりまして、燃料が無くなる前に近くのニューワーク空港に着陸するよう、航空管制局より指示がありました」、隣に座っていたドイツ人のおばさま、ちょっと怒ってるので、話してあげる、「いつもこうだよ、大西洋側から、ヨーロッパの飛行機が一斉にここへ到着するからいつもこんな調子で、でもこの飛行機はたぶん大丈夫、大西洋を越えてきて満員の国外の航空会社の747、燃料が無くなる事もあるし、着陸への優先順位が高いから」

2分後に再び、「機長です、管制塔から着陸許可がでました、乗務員、着陸態勢へ」

マンハッタンに帰ってきて、久しぶりに自分のベッドで寝て、屋上の庭を見て、荷物を片付けてほっとする。

けど、すでにマラケシが、サハラが、イスタンブールが懐かしい...

帰路の飛行機内の写真など、
ここをクリックして

お楽しみ下さい

tatami mat 畳

This is my last and somewhat a long blog entry from 2009 summer trip. Please enjoy the scenery from Frankfurt.

ちょっと長めですがこれが今回の旅の最後のブログになります、フランクフルトの色んな風景をお楽しみ下さい。

frank_last-19

I’ve noticed this sign as I arrived Frankfurt 3 weeks ago.

Novel Flu? It was initially a “pig flu” then US pork industry worried the impact for pork meat sales and CDC renamed as “swine flu” but European Commission was pressured by Euro pork industry to rename “swine” to “novel”. The origin of word “novel” is Latin “novellus” or means “new” but publishing industry may now complain.

3週間前にフランクフルト空港に到着した時にこのサインに気づいた。

Novel Flu?
豚インフルはアメリカの豚肉業界が “pig” だと豚肉の売り上げ減少につながるとCDC、アメリカ中央伝染病予防局に “swine” と名前を変えるよう要求、のちにヨーロッパの農家が swine でもまだ、豚肉を食べて感染すると勘違いすると “novel” に改名を要求。Novelとはラテン語の語源で「新しい」と言う意味だが、novelでは今度は出版業界から文句だでるのでは?

frank_last-8

Talking about pig, this and next two photos are from a store in Frankfurt.

豚と言えばこの写真と次の2枚はフランクフルトの店頭で、

frank_last-6


frank_last-7

And this was a window display at some drug store...
I don’t read German very well but I think it’s talking about some American Indian pain killer.

また、薬局の窓にこんなのもが...
ドイツ語はあまり読めないけど、インディアンの痛み止め?怖いし...

frank_last-9

I decided to try Mac in Frankfurt on Tuesday since it looked somewhat classic from outside (no I’m not serious here).

外見がとってもクラッシックに見えたので(冗談)、火曜日はマックで食事をしてみる。

frank_last-1

Expensive BigMac! 1 Euro = 1.45 US Dollar so this is US$ 4.70 just for a BicMac.

高っけえ、ビックマックが3.20ユーロ、約4ドル70セント。

frank_last-2

Wait, what is Satz 19.00%? Using iPhone Ger/Eng dictionary, I knew it but looked up “satz” and it obviously meant salt. Nice, they print out salt content for the meal you ordered but what about saturated fat, carb, and other good/bad things?
Wait, what is MWST? VAT or Value Added Tax. VAT goes up to 19% here but somewhat hidden. Every price shown at store already includes consumption tax and only the receipt shows detailed break down between original cost of goods and added tax.

え〜 このSatz 19.00%って? 見当はついてるけど確認の意味も含めてiPhoneのドイツ語辞書アプリで引くと塩、なるほど、注文した食事の塩分をレシートに表示か。でも塩分だけで脂肪分とか他に身体に良い、悪い物の表示はない訳?
え〜 このMWSTって?これは消費税、ドイツでは消費税は19%近く! でも店頭価格は既に課税後で実際の価格と消費税の内容はレシートを見て初めて気づく。

frank_last-3

I would be able to enjoy good Japanese meal in NYC soon but my body needed some rice so I decided to try this Japanese restaurant in Frankfurt.

I realized this was a very authentic Japanese sushi restaurant, not one of those fancy cafe where kids rolling pre-made sushi even he/she don’t know a difference between maguro and toro. As I walked in, sushi chef inside the counter was screaming at a waiter, “you stupid brain dead, did you lose the order again!?”. Ahhhh, aggressive and stubborn old Japanese man making a real sushi. The place reminded me Yasuda in NYC, Izumi in Kirkland, and Sushi Gin in Azabu-Juban.

もうすぐニューヨークで美味しい日本食が食べれる訳だが身体がお米を欲しがってる、フランクフルトの日本食レストランへ

入るなり、今風の若い子がトロとマグロの区別もつかないのに、マニュアル通り巻物とつくってるカフェと違い、これは本物の日本食屋だなとわかる。自分がカウンターに座るやいなやカウンターの向こう側にいる大将は大声で若いウエイターに「ばっきゃろう!おめえ、また注文忘れたのか」。あぁぁ、がんこじじいの握る本当の寿司。ニューヨークの「安田」、カークランドの「いずみ」、また麻布十番の「寿司銀」を思い出させる。

frank_last-4

Ordered Jo-Chirashi, and it was good considering the location. Especially a sushi rice (vinegar rice) was done property.

上ちらし、 フランクフルトと考慮すると、なかなかの味。しゃりもちゃんと出来てたし。

frank_last-5

But I was not brave enough to try “okinawa” soup shop.

沖縄風そば屋にはさすがに怖くて入れなかった

frank_last-11

Dinner was more traditional German.

夕食はもっと伝統的ドイツ風に

frank_last-12



Next, few photos showing gadgets that made my trip possible.

さて、次の写真はこの旅行を盛り上げてくれたガジェット、機材

frank_last-13

iPhone 3GS, roamed via Vodephone, TurkTel, and Morocco Tel, worked everywhere as GSM phone, and had 3G signal in Germany and some part of Istanbul.

The best part was using this as WiFi terminal whenever I see a free WiFi signal, downloading my email. Some useful applications including German / English dictionary, French / English dictionary, and limited but functioning Turkish / English dictionary. Another application is currency exchange rate app which will periodically update the rates. RSS reader was used to catch up with my favorite blog sites, Podcast to listen to NPR (American National Public Radio), and watch NBC news time to time.

まずは、iPhone 3GS。これはドイツはもちろん3Gで、トルコ、モロッコもGSMで繋がった。トルコの一部は3G

また、無線LANでタダの電波を探しては、メールのダウンロード。アプリでドイツ語の辞書、フランス語の辞書、また機能は限られていたが、トルコ語の辞書を搭載して便利。それに両替相場を自動的にダウンロードするアプリで常にユーロ、トルコリラ、モロッコダリの貨幣と米ドルの換算。
RSS
リーダーで友達のブログもこれで読んで、ポッドキャストでアメリカ版のNHKラジオ放送とテレビ局のニュースのビデオ。

frank_last-14

iPhone is great but can’t beat Nokia N95 when traveling around the world. Nokia phone has the best signal reception, voice quality, battery life, and this N95 is SIM free, equipped with T-Mobile pre-pay SIM including 3G data, and have a beta build from my friend at Nokia, rare Japanese enabled version.

I used this phone to send / receive email from / to my dad who learned to use Japanese mobile phone few years ago and now can type very well using his phone. He is 80 y.o.. Impressive and amazing ability to lean new technology in 80’s. I know where my talent is coming from.

I traveled around the Europe 23 years ago. Back then, I needed to make a collect call once a while to talk to my parents, making sure they know I was doing well. Traveling is not the same since world is now connected via SMS and mobile mail.

iPhone
も良いけど、世界を旅する時はやはり、Nokiaの携帯が最高。電波受信の感度、電池の持ち、音質、全ての点でノキアのN95はすごい。この携帯はSIMフリー、ドイツのT-MobileSIMカードをさして、3Gデータも可能、またお友達にいただいたテストビルドで日本語もサポート

この携帯で日本に居る父とメールのやりとりをした。彼は今年で80歳を向かえるが数年前から携帯メールを習得。父の、歳に関係なく、新しい事に興味を抱き、技術を習得する能力には驚かされる。自分のこの手の才能はここから来てる。

23年前にヨーロッパを一周した事がある。時々日本の両親に着払いの電話で話をして、元気でいる事を伝えていた。それ以来携帯は世界の常識をまったく変えてしまったと思う

frank_last-15

This is a voice recorder by Olympus. It takes very high bit MP3, uncompressed PCM, and Lossless WMA. I used this to record the background noise or ambient sound in cities like Istanbul, bazaar, mosques, street, street car, market at Marrakech.

These audio files will be added to my photo slide show in future.

次のデバイスはオリンパスのレコーダー。これは高音質のMP3や非圧縮のPCM音源、またロスレスのWMAで録音が可能で、これを使ってイスタンブールの寺院、バザール、街、路面電車、そしてマラケシの市場の音を録音した。

後で、これらの録音されたファイルを写真のスライドショーと合わせる予定

frank_last-16

One of my key device, MacBook Pro 15” and two ruggedized 500GB external drives with firewire 800, storage and backup for all my photos.
I was able to provide a real time blog update using them. Review, rate, sort, edit, and upload my photos to my server in US and update my blog and website as I was traveling.

一番重要な機材の一つ、アップルのMacBook Pro15インチと全ての写真が入っている2つの外付けドライブ、ファイヤーワイヤー800搭載で各500ギガバイト
これらの機材を使って、随時撮った写真をその場でレビュー、編集、そしてアメリカにあるサーバーにアップロードしてブログやホームページの更新を旅行中に

frank_last-17

Sidekick camera, Canon G10. I like this leather case making it looks somewhat a retro camera but this is a 14 mega pix RAW file, fully manual or fully automatic camera.

予備のカメラ、キャノンG10、皮ケース付きでなんとなくレトロな感じが好き、古く見えるけど、中身は1400万画素、RAWファイル、マニュアル操作とフルオートが可能な最新の小型カメラ

frank_last-18

And the most important equipments, main camera Canon 5D Mark II with Canon L lenses:
16-35 mm F2.8L
24-70mm F2.8L
70-200mm F2.8L
TS-90
50mm F1.4
1.4x extender
and more camera equipments which made all photos possible. Canon Ds-1 Mark III is still my favorite camera. It has a larger view finder making frame look natural, extremely long battery life, secondary SD card slot beside CF slot, and just feels right. But 5D is smaller to carry, good for trip, have higher ISO to shoot in extremely dark situation without using flash, and less expensive if stolen, still takes a great photo.

そしてこれらのたくさんの写真を可能にしてくれた、大切なメインのカメラ、キャノン5D Mark IIとキャノンのLレンズ。キャノンDs-1 Mark IIIが一番お気に入りのカメラ。Mark IIIはファインダーが大きく被写体が自然に見え、電池の寿命が以上に長く、CFメモリーカード以外にもう1つSDのスロットが余分に付いていて、なんと言ってもしっかり造られたカメラ。だけと5Dは小型で旅に向いているし、高いISOをサポート、暗い場所でもフラッシュ無しの撮影が可能、またもし盗まれても少し安めだし、すばらしい絵を撮ってくれる。

frank_last-10

23 years ago, I was in Frankfurt for a different journey.

I didn’t have much money but Eurail pass, backpack, and full of energy. Carrying everything in one bag for two months, traveling 13 different countries, sleeping on trains, sleeping at train stations, seeing new things, visiting foreign cities and making new friends. I kept thinking one Japanese phrase while backpacking around European cities:

“Life. You just need a half of tatami mat size space to sit down, and one full mat size space to sleep”.

Looking stars at Sahara dune reminded me that phrase.

23年前に別の旅でフランクフルトに立ち寄った

貧乏旅行だったが、ヨーロッパの列車がどこでも乗れる定期券、バックパック、そしてエネルギーいっぱい。2ヶ月間で当時の西諸国を一周、自分に必要な物を全てバッグ1つに詰めて、13カ国を、列車で寝ながら、駅で寝ながら、あたらしいものを見て、異国の地を訪れて、新しい友達を作って。そんな旅行中によくこのことわざが頭に: 

「人生、座って半畳、寝て一畳」

サハラ砂漠で星を眺めながら、そのことわざがまた頭に

s-dune-24s

Thank you for traveling with me past three weeks. Hope you have enjoyed the journey as much as I have. More photo to shoot, more place to visit, more people to meet.

Kaz Senju



3週間の旅、ありがとうございました。この旅をお楽しみいただけたでしょうか。これからも色んな写真を撮って、いろんな場所を訪れて、いろんな人に会う機会があるでしょう。

千住和宏





path 道程

frank-ts-7

I woke up thinking I'm still in the Riad in Marrakech, realized few seconds later that I'm in Frankfurt, appreciated the lower temperature but somewhat disappointed that the hotel room looked could be anywhere in US, Japan, or Germany...

2009 summer trip blog took a different style than my usual blog.  It's been my usual way communicating through my photo, but they were my telegram to friends and family saying I'm doing well while traveling, and my thank you notes to new friends whom I met during this trip.

A friend in NYC who has a great blog told me about his rule for the blog, have a consistency.  I've decided to use only black and white and square photo (460x460) since making square photo is harder in my mind.  Square may reduce the movement and must pay attention to the proportion within.   B&W may reduce the richness but emphasizes the contrast and shape.  My partner told me that I should minimize the writing and rely on the photo to communicate in this blog so my usual blog has very little explanation.  I'm trying to learn photography, not writing a book so the single picture should tell everything.  This helps me to "think" before I take a photo, "think" again when I edit them, and think one last time when I supplement a comment.

Many people made comments about my photo from Sahara Dune and Marrakech.  Those photos look different from the world we live.

I was 14 years old when a good friend of mine, from my elementary and currently lives in Nagano / Japan, spent one summer staying with American family in US and gave me an intro to living in a foreign place or different world.  His story made me realize we can extend our world.

Two buddies from Japan, one from Kurashiki / Japan and another from Nara / Japan and we've known each other since age of 6, made an identical comment about photos from this trip.  "Information overload, having a digestive challenge going through so many photos from foreign worlds".  My friends in US often give me a similar comment when they view photos from typical sites in Japan.  Sand people in Sahara dune will never imagine taking a bullet train on 300kh/h to commute everyday.

Everyone lives in an unique world.

A friend who lives in London and originally from Istanbul gave me a complement to my photos from Istanbul, "bring me back the old memories of my life in Istanbul thru the lens of a very talented and emotional artist who felt the same joy and excitement as any Istanbul lover like me would do".

One more day left for this trip and I'm glad to know I'm on the right path.

Click here to view photo from Zeil street and old city of Frankfurt, Germany

今朝起きた瞬間まだマラケシのリアッドに居る気がしたが、数秒後にここはフランクフルトだと気づき、涼しいのはうれしいがホテルの部屋がアメリカ、日本、そしてドイツのどこにでもある風景なのにがっかりした。

この数週間の旅のブログは今までと違うスタイルで書いてみた。これはいつもの様にブログを通じて自分の撮った写真をごらんいただく事はもちろん、むかしからの友達や家族へ道中の安全を伝える電報であり、新しく出会った友達への感謝のメッセージの場でもある。

ニューヨークの友達の一人が大変おもしろブログを書くが彼は一貫性を持ってブログを書くよう条件付け、心がけているらしい。それを聞いて自分もブログを始める時、正方形、460x460の白黒写真でブログをと決めた。正方形の写真は意外と難しい。これは正方形だと動きが制限されることとその枠の中でバランスをとった構図が必要になること。また白黒は色気がなく、簡素化される反面、コントラストとその絵の中の形状を強調する効果がある。そして、写真を通じてメッセージを伝え、言葉を最小限に抑える事を勧められた。これは写真の勉強をしているわけで、本を書いているわけではない、一枚の写真が全てを語るべき。この数ヶ月これらの条件は自分にとって、写真を撮る前に考え、写真を編集するときにまた考え、コメントを足す時にまた考える習慣を作ってくれた。

サハラ砂漠の写真、マラケシの写真には色んな方からコメントをいただいた。この絵は普段の我々が住んでいる世界と異なる世界だと。

14歳の夏、倉敷で小学〜高校までを共にして現在長野在住の親友がアメリカにホームステイをして帰ってきた。彼から聞いた異国の地、アメリカでの家族との生活の話は、自分も外国に住んでみたいと言う動機と自分の世界は自分で広げることが出来ると言う気持ちのきっかけになった。

6歳のころからお互いを知っている、奈良在住の親友と、倉敷の親友、2人から全く同じコメントを別々にいただいた。「密度が濃い」異国の旅の写真、一度に見ると食べ過ぎでお腹壊しそうと。アメリカの友達に日本の普通な風景を撮った写真を一度に見せると同じ事を言われる。サハラの砂の民に、毎日時速300キロの新幹線で通勤している話とかをいっぺんにすると、想像を絶した世界の違いに驚き情報の消化不良をおこすだろう。

人それぞれ、みんな特別な世界に生きている

イスタンブール生まれ、ロンドン在住の友達からはこんなお褒めのお言葉をいただいた、「レンズを透して自分が覚えているイスタンブールの風景を見ることが出来た。私と同じようにイスタンブールが与えてくれる感動、喜び、楽しさを理解し、この地をこよなく愛す人の心のこもった写真だ」と。

この旅はあと1日だが、正しい道程にいると思う。

ゼイル通りやフランクフルトの旧市街地の写真はここをクリック

お楽しみ下さい

toilet トイレ

toilet-1

Arrived Frankfurt airport 6:00 am.

German toilet does more than flush.  It has a big on/off switch so you can stop the water, have an exact amount of water, have a complete control of your situation.  The toilet at Frankfurt airport Lufthansa VIP lounge is also equipped with a mechanical rotating toilet seat that swipe the seat after each use to sterilize itself.  Most toilet in Japan and our apartment in NYC have "Washlet", a gadget that cleans you with a single click of bottom.  Some toilet in Marrakech were squat style, reminded me a historical "pre-washlet" era in Japan.  Toilet in Sahara was, no, there was no toilet.  Sand dune takes care everything.   

To answer a question from my friend from Nara, Japan.  Building in Marrakech are made with large mud block from their red sand, stone, and lime.  Roman built with stone.  Japanese used to build with wood and paper.  German builds with a precision.  American builds with a dream.  Sahara sand people set up their tent with a respect to the nature.  Houses are build with most common material available in that place.

Near Sahara, there were lots of ruin.  As they were build with mud, it simply returns to dust when human stop its habitation.  Even the nice Riad I was staying in Marrakech had walls buckling.  Owners told me they need to re-plaster and repaint every year.   Each night before sleep, I swipe the bed sheets and find some plaster or paint peel on the sheets.  This is not disgusting.  It's a cycle of life.  It is also an amazing technology that outside temperature is 52 degree C (125F) and inside of room is 28 C without A/C.

German, Japanese, we do a good job being anal-retentive and control our living situation.  I feel home when I see the toilet tile in perfect alignment, an mathematic order of universe, and quality in craftsmanship.  In the dune, camel piss and shit as they carry you along which I didn't mind.

Click here for misc. photos from the planes flying above Istanbul, Mediterranean sea, and Frankfurt.

朝6時に無事にドイツ、フランクフルト国際空港に到着

ドイツのトイレは単に流れるだけでない、まるでオン・オフのスイッチの様に思いのままに流れを止め、節水を自分で管理できる。フランクフルト空港ルフタンザ航空のVIPラウンジにあるトイレはボタンを押すと機械的に便座が一回転して、シートを消毒してくれる。ごぞんじの様に日本のトイレの大半、またウチのマンハッタンのトイレにはウォシュレットが着いて、ボタン一つでおしりをキレイにしてくれるが日本以外でウォシュレットは珍しい。モロッコやトルコのトイレはしゃがむアラブ式、ウォシュレット時代以前の和式くみ取りトイレを思い出させる。サハラ砂漠のトイレ、いいえ、サハラ砂漠にトイレはありません、砂の力、砂漠が全てをこなしてくれます。

マラケシの写真を見た奈良の親友からの質問への返答、マラケシの建築物は現地の赤い土、砂利、石と石膏を混ぜた大きな煉瓦ブロックで造られている。ローマは石で建物を建てた。日本では昔は木の柱に障子、襖で建てた。ドイツは精密さを建てる。アメリカは夢を建てる。サハラの砂の民は自然を尊敬してテントを建てる。建物はその場にもっとも一般的にあるモノを使って建てる。

サハラ近辺には荒れ果てた遺跡がいっぱいあった。土で建てられた街、人がいなくなると砂に戻っていく。自分が泊まっていたきれいな旅館でさえも、壁の一部がふくらんでいて、オーナーが言うには、年に1度しっくいを塗り直し、ペンキを塗り直さないといけないらしい。毎晩寝る前にシーツを掃除すると、確かに天井の材料の一部が剥げて落ちていたりするがこれは汚いわけではなく、自然な流れな訳だ。外気温が52度を超すなか、エアコン無しに室内は28度、これはすごい技術。

ドイツ人と日本人に共通な点、以上に神経質に物事を、自分の周りの環境を管理する。(ここドイツの様に)お風呂場のタイルがキチンと整然とならんでいると、自分はそこに数学的バランス、宇宙の神秘を見て、安心する。サハラ砂漠ではラクダは人を担いだまま、歩きながら糞尿をおこなうがこれはこれで、気にはならなかった。

飛行機からの写真、イスタンブール、地中海、フランクフルト上空、はここをクリックして下さい。

lost 迷子

marra-last-17

Relaxing last day in Marrakech, uploading photos at my favorite Cafe des Espice, same waitress, they know me by now.  The strange scenes in Marrakech started to look familiar and comfortable after one week of staying here.   I started to head back to Riad and then got completely lost.  By the time I realized, I was on the north end of wall, not west.

Getting lost is ok.  You will never find something unexpected.  Guide book is ok but you find more local phenomena when lost in a city.  The best way to learn new city is by getting lost.

At the end, I safely returned to Riad, packed, said good-bye to Ross and David, took a cab to the Marrakech station, then 3 hours train ride to Casablanca followed by 4 hours flight to Frankfurt.

Click here to view more photo from Marrakech


最後のマラケシでの一日をのんびり、お気に入りのカフェ スパイスで食事を取りながら、写真をアップロード、同じウエイトレスの女の子、自分もここで顔見知りになる。一週間の滞在でこの異国の地、マラケシも何となくなじんできたし。そう思うや、旅館への帰り道、迷子に。間違った道にいる事に気づいた時には西側ではなく、街の北側に。

迷子になるのも大丈夫、そうでないと予想外の発見もないし。ガイドブック通りの旅行も良いけど、迷子になれば、地元の雰囲気を味わえる。新しい街を知るには迷子になるのが一番。

結局、正しい方向を見つけ、旅館へたどり着き、荷造り、宿主のロスとデイビットにお礼を言って、タクシーでマラケシの駅まで。3時間の列車の後カサブランカ、そして空港からさらに4時間の飛行でフランクフルトへ。

マラケシの写真のつづきはここをクリック

お楽しみ下さい

Riad 民宿

marra-more-1

A trip to Sahara was very nice but it was great returning to my Riad (bed & breakfast or inn) in Marrakech Medina (old part of walled city).

Ross and David at
Riad Arahanta are great hosts, they make me feel at home after my 48 hours adventure to the dune. I took a nice long shower, emptied my camera bag, and try to get all sand out from my belongings. I cleaned all camera equipments but I can feel the zoom and focusing rings have some sand in there... They may need to be send to Canon for an extensive clean up after this trip.

Ross and David took me to a nice restaurant next to Koutoubia Mosque, shared a bottle of Morocco white wine, a great treat in this “dry” country especially after long trip to the desert.

They are originally from Scotland, started this Riad few years ago. They love this hot weather compared to a rainy and soggy weather back in Scotland. There are many people from Europe doing the same, I can see at least four old buildings being converted into a nice Riad in this block alone. If you come to Morocco, skip Casablanca and head directly to Marrakech. If you stay in Marrakech, skip four/five star western style big chain hotels in new city but stay within Medina and stay with smaller Riad. Similar recommendations are true in many major cities including Kyoto. Stay in smaller “ryokan” (inn) and get to know the hosts so you have a chance to get to know the area, people, and these inns and B&B will become your home in a strange land.

Marrakesh is the city of “red”. Every building is red and street is colorful but some black and white photos are created showing different scenes from Marrakech, a place I strangely feel “home” after one week of staying at Riad Arahanta.

Click here to view black & white photo from Marrakech

サハラへの旅は楽しかったけど、マラケシのメディナ(城壁に囲まれた旧市街地)にあるリアッド(民宿)へ戻ってほっとした。

48
時間の砂漠への探検の後、リアッド アラハンタの宿主ロスとデイビットはこの民宿を我が家のごとく感じさせてくれる。早速シャワーを浴び、カメラバッグを開けて、なかにある砂を振るい出すが、服からなんから、全て砂だらけ。カメラ機材を掃除したが、ズームやピントの部分がじゃりじゃり音がする... たぶんキャノンへ送って分解清掃が必要か...

ロスとデイビットはコウトウビア寺院の向かいにある、感じの良いレストランへ連れていてくれる。ここモロッコはイスラムの地、基本的には酒は禁止されていて、砂漠への旅の後に2人からモロッコ産の白ワインをごちそうしていただき、感激

彼らはスコットランドの人、数年前にこの暑い天気がスコットランドのじめじめした気候と逆で気に入り古い建物を民宿に改築してこの地に住む事になる。他にもたくさんのヨーロッパ人が同じ事をしていて、今このブロックだけでも数件は古い建物がきれいな民宿に改築されている。もしモロッコを訪れる機会があったら、カサブランカはスキップしてマラケシに来ていただきたい。マラケシに泊まる機会があったら、新市街の大きなチェーン店のホテルではなく、旧市街地のこじんまりした民宿旅館、Riadに泊まっていただきたい。同じ事は世界のどんな街でも言えて、京都でも大きなチェーンのホテルより、民宿や旅館だと思う。こう言う小さな旅館では、その宿主を知る機会があるし、それを通じてその地の人と出会い、その宿は短いながらそんな異国の地で自分の「家」となる。

マラケシは「赤の街」と呼ばれる。ここでは全ての建築物が赤色、また通りや市場は色鮮やかだが、あえて白黒の写真を造ってみた。1週間この旅館、Riad Arahantaに泊まってこの異国の地が自然と自分の故郷に思えて来る。

そんなちょっと違ったマラケシの白黒写真はここをクリックしてご覧ください

sahara サハラ砂漠

s-dune-24

One of Tuaregs people at the dune told me “you like dune? Come back here with your family, and if you like, live here”. Not sure this was a tourism copy line, or he was serious. But life in the desert is tough.

I was the only one slept in the tent. All others decide to sleep outside under the star. I didn’t try to be a wise one explaining there would be a sand storm as temperature and air pressure change, and being outside will accelerates dehydration, make you even more tired. I could tell there will be a storm based on the way tent was set up, and by seeing how the sand / dune formation were but I thought keeping those warnings to myself and let others enjoy their trip. In the middle of the night, the storm was bad and all of the camper were rushing inside... I was one of few sleeping with a flash light handy, and pointing people where the space were to sleep, then got outside to make sure there were no one left, all sandals were under the carpet and matt so they won’t blow away. After checking everything is fine, I went back to sleep.

You have to respect the nature.

Sand people knows that.

I remember Tuaregs telling me “if you like dune, come back and live here”.

They can move to a big city like Casablanca or Marrakech. They know the outside world, they have a cell phone and satellite TV. It seems that it is their choice to live in the dune even the life is tough. Tourism may be the only job they have. But many of them seem to enjoy living there. If young one doesn’t like, the force of nature will kick them out from the dune.

I don’t think I can live in the dune. Too much sand gets into a sensitive camera equipment. But that may be why the pictures from dunes look so precious. Life is precious and I realized that even more when in the dune.

For more photo from Sahara, please
click here.

砂漠で原住民、ツアレグスの人は自分にこう言った、「おまえ、砂漠が気に入ったか?そうか、なら今度来るときは家族と来いよ、それでもまだ好きだったらここに住んでみな、みんなで」。観光局のセリフなのか真剣なのかわからなかった、が、砂漠での人生はタフだ。

自分以外はみんな外で星を眺めながら寝ることにした。こんな事を言うとお節介だろうなと思い砂嵐が来ると言わなかったが、温度は激変し気圧が変わると砂漠では夏、砂嵐が起きる。それはテントが建ててある方向や周りの砂丘の形を見ればわかる。また外で寝ると身体は、より早く乾燥するし、より疲れる。まあ爺臭い事を言うよりこの人達の楽しみたい様にすれば。真夜中に砂嵐は激しくなり、外にいたみんなはあわてて中へ。自分は懐中電灯を使ってみんなを中に誘導、外に出て他に人が残って無いか確認、飛びそうなサンダルをカーペットとマットの下に移し、みんなが無事なのを確認してから、また寝る

自然の偉大さを尊敬しないと

砂の民は知っている

彼の言った言葉がまたよぎる、「砂漠が気に入ったら戻ってこいよ、それでもまだ好きなら住んでみな」

彼らはカサブランカやマラケシの街に引っ越す事も出来る。昔と違い、携帯電話や衛星放送のアンテナ、彼らは砂漠の外の世界を知っている。それでもここに住んでいるのは、必要性なのか、選択なのか?確かに観光以外の産業もないだろうし、ここでの生活はきつい。だけど彼らはそれを満喫している様に見える。砂漠のきつい生活があっていないなら、自然と、この地をはなれるだろう。もしくは、砂漠の力がそういう若い子を追い出すだろう。

自分は砂漠には住めないと思う。カメラや精密機材に砂が入るのは... でもそんな環境だから砂漠の写真は価値があるのかもしれない。「生きる」って事は貴重な事とよく思うけど、それを砂漠はより感じさせる

サハラ砂漠からの写真、こちらをクリック
お楽しみください

more... つづきは

Looking for blog entries from the last month and see more photo from 2009 Summer Trip?
Please click
here or “Jul 2009” on the upper right menu for the monthly archive.

先月のブログや、この2009年の夏の旅の写真をお探しですか?
バックナンバーはここをクリック、または右上のメニューの”Jul 2009”をクリックしてください。